ダイエットサプリ女子

そのサプリ、大丈夫!?ダイエットサプリに潜む危険な副作用

世の中にダイエットサプリは沢山ありますが、その中には危険な副作用を持つサプリも潜んでいます。

しかし副作用と言っても、その原因にはさまざまな種類があります。

今回はダイエットサプリの副作用がどんな状況で起こるのか、どうすれば防げるのかを解説していきます。

ダイエットサプリの飲みすぎによる副作用

飲みすぎの副作用

ダイエットサプリを一度にたくさん飲んだからと言って早く痩せるわけではありません。

むしろ成分の過剰摂取で体調を壊すリスクが高まり、非常に危険な副作用を起こす恐れがあります。

健康に良い成分でも体の許容量を超えると効果が強すぎて毒になるので、1日の摂取目安を守るのは大切です。

そこで過剰摂取で起こる副作用についてダイエットサプリに含まれる成分別に見ていこうと思います。

食物繊維、乳酸菌の過剰摂取による副作用

食物繊維や乳酸菌を便秘を解消してダイエットを促す働きをしますが、一度に摂りすぎると下痢や腹痛をもよおす恐れがあります。

特に食物繊維の摂りすぎはビタミンやミネラルの吸収を邪魔するので、肌が荒れたり、亜鉛不足を招いてしまいます。

食物繊維や乳酸菌を過剰摂取すると、このような副作用があるので、下痢や腹痛になりたくない人は注意しましょうね。

ビタミン過剰症による副作用

ビタミンの中でも脂溶性ビタミンに含まれるビタミンA、ビタミンD、ビタミンEの過剰摂取は危険です。

脂溶性ビタミンは体内の脂肪と結合して体にとどまりやすくなるので、摂りすぎると痩せにくくなってしまいます。

しかし、きちんと容量を守ってビタミン類を摂取すれば美肌やアンチエイジングなど、体を内側からキレイにしてくれます。

ただ痩せるだけじゃなく、美しくなりたい方はきちんとビタミンを摂取しましょう。

ダイエットサプリに有害成分が入っていた場合の副作用

有害成分の危険性

ダイエットサプリは種類が山のようにあり、その中には危険な成分を含んだものも沢山あります。

特に気を付けたいのが海外のダイエットサプリです。

今はインターネットでのサプリメントの個人輸入が簡単になりましたが、海外製品には日本で認可されていない成分が含まれているものは多いです。

Yahooのニュースでは、インターネットを通じてタイから個人輸入した「ホスピタルダイエット」というサプリによる健康被害が発生した報告もされています。

ひどい場合になると、安全なものを選んでも輸送中に偽物とすり替えられることもあります。

もちろん、国内のダイエットサプリもすべて安全とは言い切れませんが、国内のダイエットサプリは原料や成分の含有量などを掲載しているものもあるので、海外製品よりも安全と言えるかもしれませんね。

また、いくらダイエットに役立つ成分が入っていても添加物(合成甘味料、香料、保存料)が多用されているものはかえって体の毒になります。

なので、ダイエットサプリを購入する前に商品から得られる情報は、しっかりと把握しましょう。

ダイエットサプリのアレルギー成分による副作用

アレルギー成分と副作用

乳製品や卵、フルーツ、甲殻類、そばなど、特定の食べ物に対してアレルギーを持つ方は大勢います。

ダイエットサプリの素材にも食べ物由来の成分が使われているので、アレルギーによって吐き気やめまい、じんましん、喘息などの副作用を引き起こす恐れが十分にあります。

たとえばカニ由来の食物繊維のキトサンはカニアレルギー、大豆イソフラボンは大豆アレルギー、山芋やプエラリアは芋アレルギーなど、人によっては体に害を与える成分があります。

これからダイエットサプリを買う方はまず成分表をよく読んで、自分の体に害を与える成分を見つけたら別のものを選んでください。

ダイエットサプリのアレルギー問題

ダイエットサプリのアレルギー成分が問題になった事例は沢山あります。

有名メーカーのファンケルでさえ、2005年に「パーフェクトスリム」というサプリが回収騒ぎになってしまいました。

これはサプリの中に誤って小麦粉が混入されており、パッケージにも表記がなかったからです。

小麦アレルギーの方にとって小麦粉はごくわずかな量でも危険なので、メーカーの品質管理が大きな問題になりました。

出産中にダイエットサプリを摂った場合の副作用

アレルギー成分と副作用

どんな安全なサプリメントにも「妊娠中、授乳中の方はご利用をお控えください」という注意書きがあります。

これはママが摂った成分が胎内や母乳からそのまま赤ちゃんの体に流れ込んで副作用を起こす恐れがあるからです。

赤ちゃんは大人と違って消化機能が未発達なので、ダイエットサプリに含まれる成分を受け入れることができません。

ママから与えられたものを吸うしかない赤ちゃんは副作用に対して全く無防備なのです。

赤ちゃんを産んだらダイエットサプリで体型を戻したいという方は多いですが、せめて赤ちゃんが乳離れするまでは待ってあげてくださいね。

また、妊娠中は女性のホルモンバランスが崩れやすく、いつもは平気だったものに拒否反応が出る場合があります。

ダイエットサプリに含まれる成分が受け付けられなくなることも十分あり得るので、妊活中や出産後はダイエットはいったんお休みするのをお勧めします。