ダイエットサプリ女子

黒しょうがの効果と副作用

黒しょうが

黒しょうが(ブラックジンジャー)は、近年その優れた燃活効果により注目が集まっている、比較的新しいダイエット素材です。

今現在も、続々と黒しょうが配合のダイエットサプリが販売されていて、海外のセレブや芸能人も愛用してる人が多くいます。日本だとモデルの「ダレノガレ明美」が黒しょうが配合サプリで-24kg減に成功してるみたいですね。

では実際にどういった効果があるのか、副作用の心配はないのかなど、気になる黒しょうがについて徹底的に調べてみました。

黒しょうがとは

黒しょうがは、タイを原産とするショウガ科ケンペリア属の植物で、断面が限りなく黒に近い紫色なことから黒しょうがと呼ばれています。

そもそも黒しょうがには、以下のように多くの呼び名があり、国によって名称が異なるようです。

日本だと「黒しょうが」もしくは「ブラックジンジャー」が一般的なようで、産地によって含有成分に多少の違いはあるかも知れませんが、基本的に同じ素材を指してると解釈して問題ないでしょう。ただし、品質は日本よりもタイ産のほうが良いみたいですね。

  • 黒しょうが
  • 黒ウコン
  • ブラックジンジャー
  • クラチャイダム
  • ガチャイダム

黒しょうがの含有成分について

黒しょうがには、ミネラルやアミノ酸、豊富なポリフェノールがバランス良く含まれていて、素材単体を摂取するだけでも、総合的なダイエット効果が期待できます。

具体的にどのような働きがあるのか、含有成分単位で具体的に紹介していきます。

アディポネクチンの脂肪燃焼効果

アディポネクチンという物質は聞いたことありますか?

1996年に日本の大学で発見された比較的新しい物質なのですが、「メタボ解消」や「動脈硬化改善」といった、生活習慣病に対する予防・改善効果があり、テレビや新聞といったメディアでたびたび取り上げられている物質(ホルモン)です。

このアディポネクチンは、食事やサプリといった外部からの摂取はできず、基本的に脂肪細胞から分泌されている物質です。

「メタボ」というワードを聞くと、中年男性をイメージしがちですが女性にも当然ながらそのリスクはあります。

厚生労働省の調べによると、メタボリックシンドローム予備軍は1960万人も存在し、そのうちの5人に1人は女性という調査結果があります。

で、黒しょうがに豊富に含まれるポリフェノールによりアディポネクチンの分泌を促進させ、結果的に脂肪燃焼を活性化させることが出来ます。

黒しょうがの副作用

多くのダイエットサプリの中に配合されている黒しょうがですが、今のところ大きな副作用の報告はされていません。

しかし豊富な栄養素が含まれているためサプリの過剰摂取や体調不良との関係で下痢や腹痛といった症状を引き起こすことがあります。

この症状は主に、アルギニンの作用によるものでアルギニンはアルカリ性のため一度に大量摂取してしまうと、胃を荒らしてしまいます。

通常、胃は胃酸を利用して食べ物を溶かし体内に吸収しますが、アルカリ性は本来胃酸に溶けにくいため大量に摂取してしまうとアルカリ物質を無理矢理溶かそうとし、胃酸を大量に分泌します。

この胃酸の影響によって胃が荒れた状態になるため下痢や腹痛といった症状があらわれます。

しかし1日の摂取量を守って服用すれば、黒しょうが配合のサプリを飲んだからといって症状の発症は滅多に見られませんので、正しい飲み方で摂り入れるようにしましょう。