ダイエットサプリ女子

黒酢の効果と副作用

黒酢の壺

お酢を使ったダイエットが注目され、既存の黒酢の他にもりんご酢やフルーツ酢など今までになかったお酢が開発されていることをご存知でしょうか。

お酢にはダイエット効果だけでなく、美容や健康にも良い効果があり、他にも女性に多い悩みの解消に効果的です。

お酢の中でも特にダイエット効果のある黒酢について解説します。

黒酢とは

主原料に米・米麹・水を用いるものだけを黒酢と言い、米だけから作られるものが主流となっています。

しかし、2009年に農林水産大臣におる品質保証規格であるJAS規格の改正が行われ以下のようにと定められています。

穀物酢のうち、原材料として米(玄米のぬか層の全部を取り除いて精白したものを除く。以下この項において同じ。)又はこれに小麦若しくは大麦を加えたもののみを使用したもので、米の使用量が穀物酢1Lにつき180g以上であつて、かつ、発酵及び熟成によつて褐色又は黒褐色に着色したものをいう。

そのため、今では米だけではなく大麦であっても黒酢として販売できるようになっています。

黒酢の効果

黒酢にはダイエット効果のあるクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれています。

クエン酸はダイエットの天敵である脂質や糖分の燃焼を促進し、アミノ酸は基礎代謝を維持・向上させることでエネルギー消費量を増やし、太りにくくしてくれます。

また、クエン酸は疲労の原因である乳酸をエネルギーに変換できるので、運動時のエネルギー源として有効活用することにも繋がります。

黒酢の特有成分「酢酸」

普通の酢にも共通しているのですが、黒酢の含有成分での一番の特徴は「酢酸」です。

酢酸を体内に摂取するとメタボリックシンドロームの原因である内臓脂肪の減少、血中コレステロールの合成を抑えるなどのダイエット効果が期待できます。

これは体内の脂肪細胞と呼ばれる脂肪の合成や蓄積を行う細胞の働きをストップさせることで食事などからの余分な栄養分の吸収を抑えてくれる働きによるものです。

これにより体に脂肪が溜まりすぎるのを防いでくれて蓄積された脂肪がエネルギーに変換されるのを手助けしてくれるので、肥満予防に効果的です。

黒酢の副作用

黒酢は飲み方を気を付けないと副作用が起こることがあります。特に気を付けてほしいのは過剰摂取と空腹時です。

黒酢は1日15cc~30ccが適切の量だとされており、それ以上飲むと喉の炎症など体に異常が起こることがあります。30cc以上飲まなければいけない時は複数回に分けて飲むようにしましょう。

また、起床直後や毎食前など空腹時に黒酢を飲むと、胃が荒れてしまうこともあります。黒酢を摂取するときは食事中か食事後30分以内を心掛ける必要があります。