ダイエットサプリ女子

ギムネマの効果と副作用

ハーブ

ギムネマはインド原産の植物で、南インドやインドネシアを始めとした熱帯地域に自生しているハーブです。

インドでは2000年以上前から糖尿病の治療や肥満防止に使われており、現在では世界中で注目されています。

そんなギムネマですが、詳しい効果や副作用は大丈夫なのかを丁寧に解説させていただきます。

ギムネマとは

正式名称は「ギムネマ・シルベスタ」といい、意味は「砂糖を壊すもの」。

その名の通り噛むとしばらくの間甘味をまったく感じなくなります。

先ほども述べたとおり、インドでは2000年ほど前から伝統医療「アーユルヴェーダ」で薬として扱われていました。

19世紀に駐在イギリス人が「なぜ甘味を感じなくなるのか」という疑問を解決するの為本国へ持ち帰ったことをきっかけに世界中で注目され始めました。

なお、甘味が感じなくなる現象についてですが、ギムネマ酸と呼ばれる成分によるものだと判明していますが、なぜ甘味を感じなくなるのかは未だに判明していません。

ギムネマには摂取制限があり、ギムネマエキス換算で1日600mg、粉末なら4g程度とされています。

ギムネマの効果

ギムネマはただ甘味を感じさせなくなるだけでなく、糖分の吸収を抑える効果もあります。

糖分が体内に吸収されると、血糖値の急激な上昇を抑えるためにインスリンというホルモンが分泌されます。

しかし肥満気味の方や生活習慣の乱れが多い方はこのインスリンの分泌が遅れ血液中のブドウ糖が処理されずに体内に吸収されてしまうため血糖値が上昇し痩せにくい体になってしまいます。

ギムネマを摂取することで主に小腸でブドウ糖を分解し体内への吸収を抑制してくれますので糖質カットダイエットに効果が期待できる成分です。

他には消化不良や便秘の改善効果もあるので、身体の中からクリーニングが出来ます。

最近ではキャンディにもギムネマが含まれているものがあり、これを口にしてからケーキなどの甘いものを食べると、甘味を感じないばかりか美味しくなくなので間食を防ぐことが出来ます。

ギムネマの副作用

上記の通り、ギムネマには糖分の吸収を抑える働きがあるため、過剰摂取は「低血糖症」に陥る危険性があります。

また、ギムマネには糖分だけでなく鉄分の吸収も阻害するため、鉄分不足からの「貧血」を起こす可能性があります。

ギムネマを摂取し始めると約1ヶ月間は満腹感に満たされ、おならが出やすくなるといった現象が起きます。

たまにですが、ギムネマの効果で甘味が感じられないからと、砂糖を多く使って食事をする人います。そんなことしたらダイエットの意味がないので、決してしないようしましょう。