ダイエットサプリ女子

サラシアの効果と副作用

サラシア木

サラシアは糖質カットする効果があるとして、ダイエットサプリやお茶によく配合されてる素材ですね。

サラシアとは

そもそもサラシアとは、「サラシア属」に分類される植物の総称として呼ばれており、熱帯地域に広く分布している、つる性の多年性植物です。

古くからインドのアーユルヴェーダなどで、抗肥満や糖尿病の治療薬として利用されていましたが、医学的にその効果が認められたのは、ここ最近のようですね。

サラシアの効果

主な効能としては、「サラシノール」や「コタラノール」といった、サラシア独自の有効成分による糖質吸収の阻害や、脂肪の吸収を抑えるブロック系素材としての効果があります。

これは、実際に体重が減るといったヒトによる効果が報告されいて、大手企業の「富士フィルム」が調査した結果によると、以下のような改善効果が見られました。

  • 中性脂肪の減少
  • 腸間膜の脂肪減少
  • 肝臓周囲の脂肪減少

結果的に、ただ体重が減っただけでなく、BMIや腹囲の減少につながっているので、サラシアには総合的なダイエット効果が期待できるでしょう。

サラシアの脂肪分解の働き

上記にも書きましたがサラシアの一番のダイエット効果は中性脂肪の減少です。

これは、食事から新たに摂取した脂肪の吸収を抑えるものではなく、体内にすでに蓄積されている脂肪を分解してくれるという働きが強いため、ポッコリお腹や肥満改善の効果が期待できます。

サラシアには、体内の脂肪組織である「白色脂肪細胞」に蓄積された脂肪を直接分解するという働きがあるため、エネルギー消費に必要な脂肪以外を体内から除去することができます。

白色脂肪細胞は、中性脂肪を蓄積する組織として下腹部、お尻、太もも、背中、腕など体のあらゆるところにありますが、サラシアの成分が血流にのって全身を巡るときにそれぞれの脂肪を分解・吸着してくれますので、太りにくい体質に変えてくれる働きが期待できます。

サラシアの副作用

当然ですが、大量摂取してしまうと腹痛や下痢といった副作用が発症する恐れがあるので、ダイエットサプリとして利用する場合は使用方法を守るよう注意しましょう。

また、これは動物実験(ラット)によるものだが、流産の危険性が高まるのと、肝臓が肥大するという結果があります。

もちろん、これまでの臨床試験の結果からヒトには悪影響がないとは思いますが、妊娠中、授乳中の女性や、何かしらの薬を普段から飲んでる人は、避けたほうがいいかも知れません。